Share

Newsroom

職員の新型コロナウイルス(Covid-19)感染について

 

2020年3月12日- OECD職員の新型コロナウイルス(Covid-19)感染確認について

 

OECD医療部門は、体調不良を訴えた職員一人を隔離し、早期回復に向けて必要なサポートを提供しています。

 

OECDは現在、この職員が過去7日間の勤務中に接触した人々を特定し、連絡を取るとともに、この職員と接触した人に対して、14日間の自宅待機と、症状を感じた場合には適切な医療措置を受けるよう求めています。

 

OECDの手順にのっとり、この職員が出入りした場所は、清掃・消毒が終わるまでの間、職員、代表団、訪問者の立ち入りはできません。

 

また、OECDは本件に関し、フランス保健省や医療機関と連携し対応しています。

 

 

Related Documents