グリーンリカバリー

農業からの排出量

23/06/2022 PNG

農業は、気候変動の影響に対して特に脆弱である一方で、この問題に多く貢献することもできます。土地の利用方法の変化に伴い、農業部門からの排出量は、世界全体のGHG排出量の22%を占めています。その半分は、メタンや亜酸化窒素など農業生産に直接結びつけられるものですが、残り半分の二酸化炭素排出は、農場拡大が原因の森林伐採と土壌からの炭素放出が主な原因です。

世界全体のメタン排出量の42%、亜酸化窒素の70%は、農業生産からの排出が占めています。これらのガスは非常に強力な温暖化効果があります。100年単位で見ると、農業部門からのメタン排出量は二酸化炭素と比べて熱の吸収効果が127倍も大きく、亜酸化窒素は273倍も大きいと考えられています。

農業は炭素隔離によって大気中の炭素を取り除くことができるため、解決の一翼も担っています。メタンと亜酸化窒素の排出量は、生産性の向上、観光や技術の改善、さらに炭素集約度が低い食品消費パターンの採用によって削減することができます。

参考資料: Agricultural Policy Monitoring and Evaluation 2022: Reforming Agricultural Policies for Climate Change Mitigation.

TwitterFacebookLinkedInEmail