OECD事務総長 マティアス・コーマンの経歴

 

Click for more photos of Mathias Cormann, OECD Secretary-General

マティアス・コーマン氏は経済協力開発機構(OECD)第6代事務総長として就任。

任期は2021年6月1日から5年間。

コーマン氏は、事務総長として加盟国とともに取り組む優先課題として以下を挙げている。

  • 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済の最大限の回復を支援

  • 2050年までに世界の温室効果ガス排出をゼロとする目標を達成するため、野心的で実効ある気候変動対応策に向けたグローバルなリーダーシップを推進

  • デジタル経済課税に向けて多国的アプローチに係る合意達成

  • デジタル経済の機会をとらえ、リスク管理を改善

  • 市場ベースの政策とルールベースの国際秩序を促進

  • アジア太平洋地域へのアウトリーチ及び同地域におけるOECDの活動を強化

OECD事務総長に任命される前はオーストラリアの予算大臣、上院与党院内総務、及び西オーストラリア州代表連邦上院議員を努めた。

これらの職務を果たす中で、市場開放が持つプラスの影響力や自由貿易、ルールベースの国際通商システムの重要性を積極的に擁護してきた。

コーマン氏はベルギーのドイツ語圏地域で生まれ育った。

西オーストラリアの素晴らしいライフスタイルと豊富な機会に魅了され、1996年にオーストラリアへ移住した。

パースに移住する前は、フランス語を主言語とするナミュール大学で学び、英国イースト・アングリア大学で欧州大学間交流のエラスムス制度による交換留学を経た後、フラマン語を主言語とするルーヴェン・カトリック大学法学部を卒業。

1997年から2003年にかけて、オーストラリアの連邦・州レベルの様々な閣僚ならびに西オーストラリア州首相の主席補佐官と顧問を努めた。

2003年から2007年にかけて、オーストラリアの大手医療保険会社HBFで上級管理職を歴任。

2001年には子供の頃からの夢をかなえ、自家用操縦士の免許を取得。

ドイツ語を母国語として育ち、フランス語、フラマン語、英語を学んだ後、大学の法学部を卒業した。

パース出身の弁護士で妻のヘイリーとの間に、イザベルとシャーロットの二人の娘がいる。

 

Related Documents

 

Annual report
Discover the
OECD
download
Brochure
Read our
annual report
download