• 20-July-2017

    Japanese

    アジア開発途上国では税収減により国内資源の活用が弱まっている

    アジア諸国の税収の対GDP比は、引き続き国によって大幅に異なっています。近年、税収が落ち込んでいる国もありますが、2000年以降、大半の国で税収の対GDP比は上昇しています。それにもかかわらず、アジアの開発途上国は国内資源の活用を下支えするために税収を拡大する更なる取り組みを必要としています。

    Related Documents
  • 13-July-2017

    Japanese

    政府はコストが安定している今、公共投資の減少に対処すべき

    世界経済危機以降の新たな需要に対する政府の対応は様々で、多くの国々が社会的サービスへの支出を増やし、いくつかの国々は公共部門の雇用を削減し、またほとんどの国々が経常費を低く抑えてきました。OECDの新報告書によると、政府はこれからは、2009年から続く公共投資の漸減状態を改めるよう努めるべきです。

    Related Documents
  • 10-July-2017

    Japanese

    OECD、多国籍企業と税務当局のための移転価格ガイドラインの最新版を発表

    OECDは2017年版の「多国籍企業と税務当局のための移転価格算定に関する指針(OECD Transfer Pricing Guidelines for Multinational Enterprises and Tax Administrations)」を発表しました。

    Related Documents
  • 10-July-2017

    Japanese

    OECDとFAO、食料需要の伸びの鈍化が世界の食料品価格を低く抑えると予測

    OECDとFAOが本日発表した最新の農業の5年見通しによると、世界の食料品価格は、先のピーク時と比較して、今後10年は低い状態が続くと予測されていますが、それはいくつかの新興諸国における食品の需要の伸びが鈍化し、バイオ燃料政策が市場に及ぼす影響が薄れていることによるものです。

    Related Documents
  • 10-July-2017

    Japanese

    グリア事務総長、G20サミットにて世界の協調の必要性を明言

    アンヘル・グリアOECD事務総長は、G20首脳サミットにて、国際協調がこれまで以上に必要とされていると述べました。このサミットは論議を呼ぶ一方で、世界が共通して抱える課題に取り組むための様々な政策において進展が見られました。

    Related Documents
  • 9-July-2017

    Japanese

    G20ハンブルグ・サミット2017-OECDの貢献

    2017年7月7-8日 ハンブルグ G20 ハンブルグ・サミットに出席したアンヘル・グリアOECD事務総長は、グローバル・ガバナンス、多国間主義、国際協力の将来が問われている今こそ持続可能で包括的な成長を達成するためにG20加盟国間の協力が最も重要であると強調しました。

    Related Documents
  • 29-June-2017

    Japanese

    OECD、移民と避難民の社会統合に向けた取り組みの改善を各国に求める

    OECDの新報告書、『国際移民アウトルック2017 (International Migration Outlook 2017)』によると、OECD諸国に入国した人道的理由による難民の数は、2016年にピークに達し、各国政府は引き続き人道的危機に取り組んでいます。各国は受入国に留まりたい難民が定住して、労働市場や社会に統合されるよう手助けすることに注力するべきです。そのためには、国内政策と国際協力の双方を再考する必要があります。

    Related Documents
  • 21-June-2017

    Japanese

    早期幼児教育・保育の改善で、より多くの子供を成功させ社会的流動性を高めることができる

    OECDの新報告書、Starting Strong 2017によると、各国は、社会的流動性を高め、あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育を提供する取り組みを強化するべきです。

    Related Documents
  • 20-June-2017

    Japanese

    グリーン成長に向けた各国の歩みは遅すぎる

    各国の天然資源や環境から得るサービスの利用効率は高まっており、炭素排出量およびエネルギー、あるいは原料消費量の一単位当たりの産出量は増えています。しかし、その進歩はあまりにも遅く、国際貿易に含まれる排出量も考慮すると、環境生産性の進歩はもっと緩やかになります。

    Related Documents
    Also AvailableEgalement disponible(s)
  • 13-June-2017

    Japanese

    雇用格差は縮まっているが、雇用の回復は未だ不均等である

    『OECD雇用アウトルック2017年版(OECD Employment Outlook 2017)』によると、OECD地域では、雇用市場が引き続き改善しており、雇用率はようやく経済危機前の水準に回復しました。しかし、中・低所得層の人々の賃金は低迷し、中程度の技能を要する雇用が占める割合は下がっており、それによって不平等が拡大し、所得が最も高い人々が経済成長から得られる利潤を不当に手にしているという懸念が高まっています。

    Related Documents
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 > >>

    Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Former Yugoslav Republic of Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list