• 21-June-2017

    Japanese

    早期幼児教育・保育の改善で、より多くの子供を成功させ社会的流動性を高めることができる

    OECDの新報告書、Starting Strong 2017によると、各国は、社会的流動性を高め、あらゆる子供が自分の能力を最大限活かす機会を得られるように、安価で質の高い早期幼児教育・保育を提供する取り組みを強化するべきです。

    Related Documents
  • 20-June-2017

    Japanese

    グリーン成長に向けた各国の歩みは遅すぎる

    各国の天然資源や環境から得るサービスの利用効率は高まっており、炭素排出量およびエネルギー、あるいは原料消費量の一単位当たりの産出量は増えています。しかし、その進歩はあまりにも遅く、国際貿易に含まれる排出量も考慮すると、環境生産性の進歩はもっと緩やかになります。

    Related Documents
    Also AvailableEgalement disponible(s)
  • 13-June-2017

    Japanese

    雇用格差は縮まっているが、雇用の回復は未だ不均等である

    『OECD雇用アウトルック2017年版(OECD Employment Outlook 2017)』によると、OECD地域では、雇用市場が引き続き改善しており、雇用率はようやく経済危機前の水準に回復しました。しかし、中・低所得層の人々の賃金は低迷し、中程度の技能を要する雇用が占める割合は下がっており、それによって不平等が拡大し、所得が最も高い人々が経済成長から得られる利潤を不当に手にしているという懸念が高まっています。

    Related Documents
  • 8-June-2017

    Japanese

    サービス貿易政策を改革して世界経済を促進せよ

    OECDの新報告書、『サービス貿易政策とグローバル経済(Services trade policies and the global economy)』によると、より良いサービス貿易政策は、デジタル化が進むグローバル経済において成功を収める上で必要な情報、技能、技術、資金などの利用しやすさ、市場への参入のしやすさを促進することで、包摂的経済成長を刺激することができます。

    Related Documents
  • 8-June-2017

    Japanese

    OECDで署名された画期的なBEPS国際協定は、世界中の数千に上る租税条約の穴を埋める

    世界76カ国・地域の閣僚、高官が、本日、画期的な国際協定に署名、または署名の意思を表明しました。これは、既存の二国間租税条約のネットワークを更新し、多国籍企業による租税回避の機会を削減するための租税条約関連の一連の措置を早急に実施に移すものです。この新協定は、条約を巡る紛争を解決するための条件、例えば義務的拘束的仲裁などによる解決も強化しており、それによって二重課税を減らし、租税の確実性を高めています。

    Related Documents
  • 7-June-2017

    Japanese

  • 6-June-2017

    Japanese

    子供の幸福、税制、都市と地方の格差対策で、不平等と闘い包摂的成長を促進すべき

    OECD加盟35カ国閣僚に向けた新報告書では、不平等の拡大に対して、不平等の拡大と低成長という悪循環を断ち切るための主な政策を提案しています。OECDの包摂的成長に向けたイニシアチブの最新報告書である『分裂を超えて (Bridging the Gap)』と、ポリシーブリーフ「今こそ行動を:包摂的成長の実現 (Time to Act: Making Inclusive Growth Happen)」は、格差拡大への対策は、特に恵まれない環境にある人々の成功を可能にする政策を開発することだと述べています。

    Related Documents
  • 5-June-2017

    Japanese

    マーシャルプラン70周年に関するアンヘル・グリアOECD事務総長の声明

    70年前、ハーバード大学にて、ジョージ・マーシャル国務長官は欧州復興計画を発表しました。これは後に彼の名を冠して呼ばれるようになりました。

    Related Documents
  • 5-June-2017

    Japanese

    米国の気候変動に関するパリ協定脱退の決定に関するアンヘル・グリアOECD事務総長の声明

    米国の気候変動に関するパリ協定脱退の決定に関するアンヘル・グリアOECD事務総長の声明です。

    Related Documents
  • 1-June-2017

    Japanese

    OECD閣僚理事会に先駆けて発表したOECD報告書、より包摂的でルールに基づくグローバル化を呼びかけ

    グローバル化に対する逆風に、早急な取り組みが求められています。開放経済、デジタル経済の恩恵をより広く共有し、あらゆる市民が成功できるようにするために、長年の懸案となっている抜本的な政策変革が必要です。これは、2017年6月7~8日にパリで開催されるOECD閣僚理事会に先駆けて、本日発表されたKey Issues Paperの主なメッセージです。

    Related Documents
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 > >>

    Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Former Yugoslav Republic of Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list