• 21-March-2017

    Japanese

    中国:金融リスクと構造改革に注力すべき

    最新の『対中経済審査報告書 (OECD Economic Survey of China 2017)』によると、中国経済は成熟して、やや鈍化していますがより持続可能な成長の軌道に乗っており、今後の政策はより効率的で安定的で包摂的になよう目を向けるべきです。

    Related Documents
  • 17-March-2017

    Japanese

    あらゆる労働者と世帯に便益をもたらす経済回復を確実にするために、成長志向の政策課題が必要

    OECDの年次報告書、『成長に向けて (Going for Growth 2017)』によると、各国政府は、労働、生産、金融市場の改革の相乗効果を有効活用する総合的政策を実施して、低成長の罠から脱却し、大多数の市民が幅広く恩恵を受けられるようにしなければなりません。

    Related Documents
  • 16-March-2017

    Japanese

    韓国はグリーン成長のビジョンを実行に移す必要がある

    韓国は環境サービスの利用性を向上させており、気候変動緩和技術において、世界のリーダーになりました。しかし、OECDの調査によると、同国では過去10年の経済拡大の取り組みによってエネルギーの利用量、資源消費量、温室効果ガス排出量が増え、大気汚染が悪化しており、今後はそれを抑えるためのグリーン成長改革を加速させる必要があります。

    Related Documents
  • 14-March-2017

    Japanese

    OECD Economic Survey of China、3月21日(火)北京にて発表

    OECD Economic Survey of Chinaが3月21日(火)に発表されます。本報告書は、経済のリバランスの進捗状況を検証し、財政危機を回避し持続可能な成長を確保するためのさらなる手段を提案しています。

    Related Documents
  • 14-March-2017

    Japanese

    Going for Growth 2017発表、報道ブリーフィング:3月17日 於:ドイツ、バーデンバーデン

    OECDは2017年版Going for Growthを、3月17日(金)、ドイツのバーデンバーデンで開催されるG20財務大臣会合の初日に発表します。本報告書は、長期的に成長を高め、競争力と生産性を改善し、雇用を創出し、経済的利益が市民の大多数に恩恵を与えられるようにするために諸国が行ってきた主な改革の進捗状況を評価しています。

    Related Documents
  • 7-March-2017

    Japanese

    世界の成長は若干上向いているが、複数のリスクと脆弱さが回復を妨げる恐れがある

    OECDによると、世界の経済成長率は、2017年は3.3%になると見られていますが、来年はそれより若干上向いて3.6%程度になると予測されています。しかし保護主義の台頭、財政の脆弱性、異なる金利が原因の金融市場の乱高下、そして市場評価と実際の経済活動との食い違いなどのリスクによって、この見通しに暗雲が立ちこめる恐れがあります。

    Related Documents
  • 2-March-2017

    Japanese

    OECD エコノミックアウトルック中間報告、3月7日(火)発表

    OECDは、世界経済の短期見通しを3月7日11:00am(パリ時間、日本時間の19:00)に発表します。

    Related Documents
    Also AvailableEgalement disponible(s)
  • 27-February-2017

    Japanese

    インド:強い成長によって所得が増加し、貧困は減少しているが、課題は残されている

    インド経済は速いペースで拡大しており、国全体で生活水準が改善し、貧困が減っています。OECDによると、強い成長を維持し、全てのインド国民がその恩恵にあずかれるようにするためには、なお一層の改革が必要です。

    Related Documents
  • 30-January-2017

    Japanese

    交通部門からのCO2排出削減策では気候目標を達成できない

    国際交通フォーラム(ITF)が発表した最新の研究によると、世界の交通運輸活動から発生する二酸化炭素(CO2)を削減するための現行および近く導入される政策では、国際社会の気候目標の達成には不十分です。

    Related Documents
  • 15-December-2016

    Japanese

    開発:再生可能エネルギーへの投資を増やすことが、新興アジア諸国の持続可能な成長を促す鍵となる

    世界全体の経済環境には課題が山積していますが、新興アジア諸国(東南アジア、中国、インド)の成長見通しは、中期的には力強い状態が続くと、OECD開発センター発行の「エコノミックアウトルック-東南アジア、中国、インド (Economic Outlook for Southeast Asia, China and India)」最新号は述べています。

    Related Documents
  • 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 > >>

    Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Former Yugoslav Republic of Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list