OECDのPISA2012調査で、アジア諸国が上位を占める

 

2013/12/03

世界の15歳の生徒の知識と技能を評価するOECDのPISA2012年度調査(最新版)では、アジア諸国が世界の他の国々よりも優れた成績を修めました。

OECDのPISA2012年度調査では、65か国・地域から51万人以上の生徒が参加し、数学、読解力、科学のテストを受け、今回の調査の重点分野は数学でした。 若い成人にとって数学的熟達は良い成果への強力な材料となります。数学は後期中等教育への進学の可能性と、将来の収入見通しにも影響します。

中国・上海とシンガポールが数学の成績でトップとなり、上海の生徒の獲得点数はほとんどのOECD加盟国の学校教育の約3年分に相当します。 中国・香港、台湾、韓国、中国・マカオ、日本、リヒテンシュタイン、スイス、オランダに関しては、中国・上海とシンガポールに次ぐ成績上位国でした。

アンヘル・グリアOECD事務総長は、ワシントンDCで行われたPISA2012発表会見において、「高い若年失業率、格差拡大、そして多くの国で経済成長が求められる中、若者が人生で成功を収めるために必要な技能を学ぶことが、これまで以上に急務となっている。世界経済において、競争力と将来の雇用見通しは、人々がどのような知識を持ち、それで何ができるか、ということにかかっている。 若者こそが未来である。どの国も自国の教育制度をより良くし、次世代の見通しを改善するべく、可能な限りの手を尽くさなければならない。」と述べました。

 

この調査で、最も望ましい教育制度の特徴がいくつか明らかになりました。 上位の成績を収めた国々、特にアジア諸国では、教員の選抜と訓練を重んじ、彼らが協力して働くことを奨励し、学級規模ではなく、教員の質に対する投資を優先しています。 また、明確な目標を設定して、教員学級での自主性を与えてそれを達成させようとしています。

親が高い期待を寄せている子どもは、他の子どもより良い成績を収めています。そのような子どもは、学習により熱心に取り組み、自分の能力に自信を持ち、学習意欲が高いです。

2012年までの数学の傾向データがある国のうち、数学の成績が改善したのは25か国・地域、変化がなかったのが25か国・地域、悪化したのは14か国・地域でした。 ブラジル、ドイツ、イスラエル、イタリア、メキシコ、ポーランド、ポルトガル、チュニジア、トルコでは、同期間に成績が着実に改善しました。 中国・上海とシンガポールでは、2009年時点ですでに高かった成績がさらに向上しました。

イタリア、ポーランド、ポルトガルでも、成績最上位者の割合が増加するとともに、最下位者の割合が減少しました。ドイツ、メキシコ、トルコでは、社会経済的に恵まれない環境で育った子どもが多い最下位の生徒の成績を改善させることに成功しました。このような結果から、公平性の改善と成績の向上は同時に実現できるということがわかります。

OECDは、全ての子どもに成功する機会を与えることが不可欠であると述べています。OECD諸国の生徒の23%、それ以外の国も含めると32%が、最も単純な数学の問題も解答できませんでした。このような基礎的技能が欠如していると、早期に学校を中退し、困難な将来に直面する可能性が高くなります。成績が悪かった生徒への支援に成功している国もあります。コロンビア、フィンランド、アイルランド、ドイツ、メキシコ、ポーランドは、問題を抱える生徒と学校を早期に特定する制度を導入しており、今回のPISAではこのグループの生徒の点数が上がったことが示されています。

その他の主な結論は以下の通りです。

  • 男女差

男子生徒は女子生徒よりも数学の成績が良いです。男子生徒の点数は65か国中37か国で女子生徒よりも高く、女子生徒の成績の方が良かったのは5か国でした。しかしこの男女間の得点差は比較的小さいと言えます。正規の学校教育の半年分よりも点差が大きい国は、6か国のみでした。

この男女の得点差は成績上位の生徒の間で最も大きく、成績下位の生徒がそれに続き、平均的な生徒では男女差はほとんどありません。また、女子生徒は数学を学習する意欲が男子生徒より低く、また学力への自信も少ないです。

2000~2012年に、読解力の成績の男女差―女子の方が良い―は11か国・地域で拡大しました。 科学の男女の成績は同程度です。

  • 読解力

2012年までの読解力のデータがある64か国・地域のうち、読解力の成績が改善したのは32か国、変化しなかったのは22か国、悪化したのは10か国でした。 チリ、エストニア、ドイツ、ハンガリー、イスラエル、日本、韓国、ルクセンブルク、メキシコ、ポーランド、ポルトガル、スイス、トルコは、一連のPISA調査を通じて読解力が向上しました。

OECD諸国平均で、読解力の成績上位者は生徒の8.4%でした。中国・上海は、成績最上位者の割合が最も高く、25.1%でした。 読解力の成績最上位者の割合が、中国・香港、日本、シンガポールでは生徒の15%以上、オーストラリア、ベルギー、カナダ、フィンランド、フランス、アイルランド、韓国、リヒテンシュタイン、ニュージーランド、ノルウェー、台湾では、生徒の10%以上でした。

  • 科学

PISA2012において、科学の成績が最も良かった5か国・地域は、中国・上海、中国・香港、シンガポール、日本、フィンランドです。 エストニア、韓国、ベトナム、ポーランド、カナダ、リヒテンシュタイン、ドイツ、台湾、オランダ、アイルランド、オーストラリア、中国・マカオ、ニュージーランド、スイス、スロベニア、英国、チェコ共和国、ベルギーも、科学の得点はOECD平均を上回りました。

OECD諸国平均で、科学の成績が最も良く、最高レベルの点数を取得した生徒の割合は8.4%でした。 成績最上位者の割合が15%を超えているのは、中国・上海(27.2%)、シンガポール(22.7%)、日本(18.2%)、フィンランド(17.1%)、中国・香港(16.7%)です。

  • 学校と生徒

高い成績を収めた学校制度は、社会経済的に恵まれた学校とそうでない学校とに比較的公平に資源を振り分ける傾向があります。

生徒の報告によると、1か国を除く全ての国で、2003年から2012年の間に教員と生徒との関係が改善しました。 同期間中に学習環境も、OECD加盟国全体平均で、また27の国・地域で改善しました。

教員と生徒との関係改善によって、生徒が学校にもっと関与するようになります。

OECD諸国の移民の生徒の割合は、2003年は9%でしたが、2012年は12%に増加しました。 同期間中に、移民の生徒の成績上の不利を、移民ではないが同様の社会経済的立場にある生徒と比較したところ、点差は11点縮まりました。この点差は正規の学校教育3か月分に相当します。

 

OECDのPISA調査結果は、成績の良い生徒と最速で改善している教育制度に何ができるかを示すことで、教育において何が可能かを明らかにするものです。 その結果から、世界各国の政策当局は自国の生徒の知識と技能を他国の生徒のそれと比較して測り、他国の教育制度が達成した測定可能な目標を参考に政策目的を設定し、他国で導入された政策と実践から教訓を得ることができます。

より詳しい情報について、ジャーナリストの方はOECD Media Divisionにご連絡ください。(tel. + 33 1 45 24 97 00)

この報告書と国別分析の概要、データは、以下のウェブサイトで公開しています。www.oecd.org/pisa/keyfindings/pisa-2012-results.htm

PISAの結果説明は、こちらの動画からもご覧いただけます。http://youtu.be/6yhiGj-252k

 

 

スコア等詳細はこちら

 

 

日本語概要を見る

 

日本に関する資料(日本語)を見る

データ及び各国概要を見る

全文を読む

その他詳細を見る

 

 

Related Documents

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Republic of North Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list