新型コロナ危機からのグリーンリカバリーを確かなものにするために克服すべき課題

 

OECD ― パリ、2020年9月14日

新型コロナウイルス危機の発生以来、多くの国々が持続可能で包摂的かつ危機対応能力のある経済成長を促進し、暮らし良さを改善するために、「グリーン」リカバリー(環境に配慮した危機からの回復)策を景気刺激策の中心に据えています。しかし、本日加盟国閣僚によって論じられたOECDの新たな分析によると、一部の国々が実施している措置は、環境に悪影響を及ぼし持続不可能な成長に固定してしまう恐れがあります。

OECDの新報告書、「雇用、所得、成長に寄与するグリーンリカバリー(Making the Green Recovery Work for Jobs, Income and Growth)」によると、OECD加盟国政府は、速報値では3120億米ドルの公的資金をグリーンリカバリーに支出すると公約しています。(この速報値は数か月以内に更新されます。)しかし、様々な危機回復措置の中には、化石燃料への投資のように、環境に配慮しない支出を行っているものもあります。

アンヘル・グリアOECD事務総長は、この問題を議論する閣僚会合で次のように述べました。「多くの国々の政府がこの生涯に一度ともいえるチャンスに真に持続可能な回復を実現しようとしているが、支援策のパッケージのグリーン化を進めるためにもっと踏み込んだ措置を採るべきである。気候変動と生物多様性の喪失は次にやってくる差し迫った危機であり、対策の期限が迫っている。グリーンリカバリー措置は、環境実績を改善させるとともに経済活動を活性化しあらゆる人々の暮らし良さを高めるという、ウィンウィンのオプションである」(スピーチ全文を読む)

本報告書によると、OECD諸国とその他の主要諸国の中で、大半の国々が回復戦略に環境に配慮した経済への転換を後押しする措置を組み込んでいます。そうした措置には、持続可能な交通と移動手段、循環型経済、クリーンエネルギーなどの研究に対する助成、ローン、税金控除;エネルギー効率の改善と再生可能エネルギーの導入を行った世帯への助成;生態系の回復を促進する措置などが含まれます。

その一方で、環境に直接的、間接的な悪影響を及ぼし得る措置を採っている国々もあります。こうした措置の一部は一時的なもので、緊急経済措置の一環として実施されていますが、長期的な影響を及ぼす恐れがあるものもあります。そうした措置に含まれるのは、環境規制を後退させる計画、環境関連税または課金の削減または免除、炭素集約的産業または企業に対する無条件救済措置、化石燃料インフラ投資への助成の増額などです。

この閣僚会合の議長を務めるテレサ・リベラスペイン副首相兼環境・人口問題担当相は、次のように述べました。「我々の経済を再建し将来のショックに対応する能力を確保しようとしている今、気候変動、生物多様性の喪失、海洋環境の悪化、非効率な資源利用などのグローバルな問題に取り組むことの重要性がかつてないほど高まっている。よく検討された景気刺激策を実施すれば、環境に配慮しつつ包摂的で、所得と繁栄、雇用をもたらすとともに国及び世界の環境目標達成に向けた行動を加速させる回復を促進できる」

この会談には、OECD加盟国とコスタリカの環境問題担当大臣と、欧州委員会副委員長が出席しました。これは10月28~29日に開催されるOECD閣僚理事会の準備会合です(議長国スペイン、副議長国チリ、日本、ニュージーランド)。9月16日には、OECDエコノミックアウトルック中間報告が発表されます。

この分析では、石油価格が安い時期は炭素価格を導入し化石燃料助成を段階的に廃止する好機だと述べています。環境に有害な消費と生産に課税することで、環境被害を軽減するとともに経済的効率を改善することができます。しかし、エネルギー税改革によって「エネルギー貧者」を増やさないよう配慮しなければなりません。エネルギーサービスの利用性の向上は、生活水準の向上に不可欠だからです。自動車税、使用料、化石燃料税などのその他の価格措置の分配効果についても取り組みが必要です。同様に、OECDとIEAのデータによると2019年には5820億米ドルに上った化石燃料助成の改革は、産業、共同体、地域、脆弱な消費者に対する移行期の助成と並行して実施すべきです。

本報告書は、危機からの復興措置が環境に与える影響を把握、評価する必要性を強調しています。これは、2008年の金融危機の後にはできなったことです。本報告書には、炭素強度、化石燃料助成、大気汚染被害、水問題、環境関連税収など、景気刺激策の影響を測るための13の環境指標を収録しています。

 

Download本報告書は、こちらからダウンロードできます。

Making the Green Recovery Work for Jobs, Income and Growth

 

関連ウェブサイトはこちら: Green Recovery platform

 

報道関係者のお問い合わせは、下記までお寄せください。

Catherine Bremer in the OECD Media Office (+33 1 45 24 97 00).

 

Related Documents

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Republic of North Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Eswatini
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list