サービス貿易の拡大で、成長と雇用創出の大きな機会がもたらされる

 

2014年5月7日

 

サービス部門は、世界全体で成長と雇用を刺激するまたとない機会をもたらしますが、国際サービス貿易に関わる既存の障壁を削減する余地がまだ多くあることが、OECDの最新の研究から明らかになっています。

サービス部門は世界のGDPの3分の2以上を創出し、ほとんどの主要国で雇用の最大の源となっています。 しかし、サービス部門が国際貿易に占める割合は、それが経済全体に占める割合をはるかに下回っています。 サービス部門の貿易実績が低いのは、主に様々な法律上、規制上の障害によって国際サービス貿易が停滞していることによります。

OECDが新たに開発したサービス貿易制限指標(Services Trade Restrictiveness Index、STRI)が、2014年の年次閣僚理事会において公表されました。これは、40か国18部門におけるサービス貿易への制限を包括的に捉えた指標で、世界全体のサービス貿易の80%以上が含まれています。

「G20諸国は今後5年間でトレンドを上回る2%の成長を達成しようとしており、サービス市場は将来の成長の重要な鍵を握っている」と、アンヘル・グリアOECD事務総長は述べました。 「このサービス貿易制限指標は、自国の実績を標準と比較できるもので、貿易交渉当局は重大な貿易の弱点に焦点を絞ることができる。 政府もこの指標によって、障壁と改革すべき範囲を見つけることができ、企業は外国市場に参入するための要件をよりよく理解することができる。」

この指標は、主に2つの要素に基づいています。1つ目は、対象国と部門すべてにおいてサービス貿易に影響する法律と規制の包括的なオンライン規制データベース、2つ目は、5つの標準カテゴリーにわたって貿易制限をゼロから1までで数値化した一連の複合指標です。 貿易と投資に対して完全に市場が開かれている状態がゼロ、外国からのサービス業の参入に対して完全に閉ざされている状態が1で表されます。

 

主な結論:

  • 貿易制限の平均水準は重要で、各国の値は平均値から大きな開きがある。これはつまり、ほとんどの国で最良慣行を目指す余地が確実に存在するということである。
  • すべての国で、航空、法律事務、会計事務への参入が非常に制限されているのに対して、鉄道への制限は比較的低い平均値を示しているが、各国の平均値からのばらつきが最も大きい。 強力なネットワークサービスは貿易の促進に不可欠であるため、これらの分野における改革が大きな利益をもたらす可能性がある。
  • 外国による出資持ち分制限は、基幹インフラ部門に共通しているが、人の移動に関する国の許可要件と制限が、専門サービス貿易を制限していることが多い。 公共購買の規制が、建築サービス業では特に重大である。
  • わずかな改革でも、大きな利益をもたらす。サービス貿易の障壁を減らすと、輸入が増えるだけでなく、輸出も産業部門によっては2倍、あるいはそれ以上増える可能性がある。 わずかな改革で輸出が3-7%増加し、輸入品の価格が最大10%下がる可能性がある。
  • すべての部門で貿易制限が最も厳しい上位3か国、または最も緩い上位3か国に入っている国はない。これは、すべての国に改革が可能な領域があるということを表している。

 

「この新たな指標を作成した目的は、各国に改革を指示することではない」と、グリア事務総長は述べました。 「この指標が明らかにするのは、各国政府が必要としている規制実績の低い分野と、他国の最良慣行を明らかにする情報である。 改革が国内や国際社会で行われているのか、または全く行われていないのか、それを判断するのは政府である。 しかし我々は、この新たな証拠に基づいて、各国政府が既存の障壁の削減に取り組み、サービス貿易によってもたらされる成長と雇用の膨大な機会を開拓することを望んでいる。」

サービス貿易制限指標についてより詳しい情報は、インタラクティブ・ウェブサイトから入手できます。ユーザーは、対象国の18産業部門にわたってサービス貿易制限度を比較することができます。  これらの国々の制限の問題点が明らかになれば、policy stimulator で政策変更の効果をテストすることができます。

国別報告は、40か国それぞれにおけるサービス貿易制限の概要を2ページにわたって分析したものです。

部門別報告は、指標に含まれる18のサービス部門を詳細に分析しています。

規制データベースでは、対象18部門と40か国について、この指標の詳細な背景情報と出典およびコメントを見ることができます。 各国ごとに約1400の尺度、9万件のウェブリンク、1万6000件の法律と規制が含まれています。

方法論では、サービス貿易制限指標に関するOECDの研究の構造的基礎を詳細に収録しています。

 

ジャーナリストのお問合せ先: OECD Media Office (+33 1 4524 9700)

 

 

 

 

 

 

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Bolivia
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cape Verde
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • China (People’s Republic of)
  • Chinese Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Congo
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Côte d'Ivoire
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faeroe Islands
  • Fiji
  • Finland
  • Former Yugoslav Republic of Macedonia (FYROM)
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guernsey
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong, China
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Islamic Republic of Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jersey
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macao (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Micronesia (Federated States of)
  • Moldova
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • Netherlands Antilles
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Administered Areas
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • Peru
  • Philippines
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Romania
  • Russian Federation
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Tanzania
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Venezuela
  • Vietnam
  • Virgin Islands (UK)
  • Wallis and Futuna Islands
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Topics list