新興アジア経済は概して中期的に底堅い成長を見通し。 但し、成長の持続には更なる構造改革が不可欠

 

2013/10/8 ブルネイ・ダルサラーム

OECD 開発センターは、新たに公表した報告書で、新興アジア諸国(東南アジア、中国、インド)の経済は、堅実な国内需要に牽引され、中期的に堅調な成長を維持するとの見通しを示しました。新興アジア諸国のGDP成長率は足元でやや弱含むものの、2014年から18年までの中期的な平均年間成長率は、新興アジア平均で6.9%となる見通し。この数字はグローバル金融危機前(2000-07年)の8.6%よりも低いものの、依然として底堅く、 新興アジアは、世界経済の成長にも引き続き、重要な役割を果たすだろう、と指摘しています。

「東南アジア、中国、インド経済アウトルック2014」によれば、インドネシアが2014-18の年間平均成長率で6.0%と先進ASEAN六カ国の中で、最も力強く、次にフィリピンが5.8%と続きます。インフラ投資と民間消費などによる内需主導でマレーシアとタイは、それぞれ平均5.1%、4.9%の成長を見通しています。シンガポールは3.3%の成長を予測。CLMV諸国であるカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムは、中期的には堅調なペースで成長することを予測しています。

 

  東南アジア、中国、インドの実質GDP成長率  
   
  注:データは、2013年9月6日までのデータを集計。
*)ブルネイとミャンマーを除く。
**)ミャンマー除く。
出典:OECD開発センター、中期予測フレームワーク(MPF-2014)。
MPFの詳細については、以下を参照: www.oecd.org/dev/asiapacific/mpf
「新興アジア諸国」は、アセアン10カ国、中国、インドを含む12カ国と定義している。
 



玉木林太郎OECD事務次長は、「新興アジアが、今後中期的にも高い成長を維持するためには、資本フローの問題に上手く対処するとともに域内の経済統合を促進し、更に域内の各国が構造改革を進めることが重要です。」と述べました。

マリオ・ペッツィーニOECD開発センター所長は、「過去の目覚ましい成長により、 中所得国の一部の国は、中所得国という段階を超え、高所得国入りを前にして幾つもの課題に直面しています。成功への鍵は、経済構造改革の実施と近代的なサービス部門の更なる強化です。」と述べました。報告書の中で示されている「ベスト・シナリオ」では、中国、タイは20年以内に高所得国入りする可能性があり、ベトナムとインドは、40年以上の年月が必要になると指摘されています。

更に、レポートでは、新興アジア諸国が、「中所得国」の段階から、速やかに高所得入りするためには、主に資本や労働といった生産要素の蓄積による成長モデルから、生産性の向上を主導にした成長モデルにシフトすることが必要であることを指摘しています。これは、人的資本やイノベーションの質の向上を基にした、生産性の向上を基礎とする成長モデルのことです。

 

  新興アジアの中所得国が高所得国になるために必要な推定年数の
“ベストシナリオ”シミュレーション(単位:年)
 
   
 

出典:OECD開発センター。
注:世界銀行基準に基づいて、“高所得国は、2013年において、
    1人当たり所得12 000米ドル以上のGNI国民総所得がある国”として定義されている。
    このシミュレーションの成長見通しは、OECD開発センターの中期見通しz
    (MPF-2014)と整合的である。
    人口予測は、国連のデータに基づいている。

 

 

同時に「経済アウトルック2014」では、日本、韓国、シンガポールなどアジアで既に高所得国入りしている国の経験も参考にしつつ、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムといった国々への政策提言もしています。

例えば、新興アジア地域において、製造業は引き続き重要であるとしつつ、この地域の中所得国は、特に金融、情報通信技術、ビジネスサービスといったサービス部門の成長にも注力すべき。規制の程度を示す指標として使用されているOECD製品市場規制指標(PMR)によると、中国とインドネシアのサービス市場は、先進アジア経済国(日本や韓国)と比べ、かなり制限されている点を指摘しています。

報告書は、更に、人的資本の強化、競争と技術革新の育成、そしてインフラ整備を促進するために必要な“制度的なキャパシティ”を更に強化することが重要であり、中所得国が開発戦略の中でもっと議論すべき課題としています。又、域内の地域統合達成への継続的な努力も重要である、と述べています。

以下の国の「国別ノート」がWebで参照可能です:ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム。

 

詳細は、以下にお問い合わせください。

OECD開発センター Bochra Kriout
Bochra.Kriout@oecd.org 、パリ、+33(0)6 26 74 04 03)及び、
OECD東京センター  川口尚子
Naoko.Kawaguchi@oecd.org 、+81.(0) 3.5532.0026)

「東南アジア、中国、インド経済アウトルック2014」の詳細については、以下をご参照ください。www.oecd.org/site/seao


 

 

Related Documents

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Republic of North Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list