効果的な管理と動機付けで漁業の再興は可能

 

2012/7/9


OECDの新報告書では、漁業部門の活性化を目指す政府は、経済及び環境の両面において持続可能な漁業に向けたインセンティブ(動機)創出のために政策を見直すべきと論じています。

OECD報告書、「漁業の再興:今後の方向性」では漁業政策当局に対し、グリーン成長に貢献し、漁業に直接的又は間接的に依存する人々の生活を保護するための政策の策定や適用の際に考慮される、実務的かつ実証に基づく基準やガイドラインを提供しています。
この報告書は本日、OECD事務次長イヴ・ルテルメ及びOECD貿易農業局漁業政策課長カール-クリスチャン・シュミットによって韓国・麗水で開催中の万博で発表されました。
報告書は漁業及び養殖業は世界経済及び食糧安全保障にとって欠かせないものであると述べています。水産品は世界で最も多く取引される食糧品で、10億人以上の人々の主な蛋白源となり、先進国及び発展途上国の沿岸に暮らす何百万もの雇用を支えています。

 

しかしなら世界の漁業の多くは経済的にも生物学的にも劣悪な状況となっています。再建計画を実施しているにもかかわらず、たとえば北大西洋タラ(Northwest Atlantic cod)のように、乱獲によって貴重な種が激減しており、世界全体の漁業資源の30%が乱獲状態にあるか、すでに枯渇していると予測されています。
そして漁獲量の低下や不採算は漁業関係者とその家族及びその社会に悪影響をもたらします。

高まる食料需要及び天然資源への圧力、気候変動の影響は漁業部門に更なる不安要因をもたらします。財産権や漁獲枠設定等の漁業権管理(RBM)に基づく施策は経済的なインセンティブによって行われるものですが、魚種資源の回復のような環境保護の目標も達成可能です。ニュージーランドで行われた漁業権取引システムがホキの生息数回復に貢献した例や、アイスランドが漁獲枠システムによって1980年に絶滅寸前にあったカラフトシシャモを持続可能なレベルにまで回復させた例などが挙げられています。

漁業関係者や管理者及びその他の利害関係者の間の対話は、再建計画に非常に重要な情報をもたらし、漁業権管理(RBM)に対する初期段階の抵抗を克服する一助となります。
OECDの分析は、脆弱な基盤からの漁業再建を成功させることで漁業自体の価値向上をもたらすことができるが、それは環境、経済及び規制の性質次第であることを示唆しています。
本書に収録されている効果的な漁業再建計画策定のための政策当局への提言は、以下のとおりです:

 

  • 漁業の環境、経済及び社会的状態を包括的に評価すること
  • 明確な目標、対象、漁獲管理規則及び評価指標を定義すること
  • 再建計画の費用と効果等の問題について利害関係者と共同して取り組むこと
  • 適切な監視、統制及び調査を実施すること
  • 混獲及びその投棄を考慮し、それらを削減するための施策を可能な部分で含めること

 

イヴ・ルテルメOECD事務次長及びキム・ハクソウ韓国海洋水産開発院(Korea Maritime Institute)会長は、両機関で海洋経済の未来に向けた分野における協力を強化する為の主旨書に署名しました。

 

>> 海洋経済及び海が直面する食料需要や輸送、エネルギーに対する課題に関するデータはこちらのデータビジュアライゼーションをご覧下さい(ブラウザはGoogle Chrome推奨)。

‌ 

 

 

OECDの漁業に関するより詳しい情報はwww.oecd.org/fisheriesをご覧下さい。

 

イヴ・ルテルメOECD事務次長の発表スピーチを見る

詳細を見る

 

Related Documents

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Republic of North Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list