交通部門からのCO2排出削減策では気候目標を達成できない

 

パリ-2017年1月30日

国際交通フォーラム(ITF)が発表した最新の研究によると、世界の交通運輸活動から発生する二酸化炭素(CO2)を削減するための現行および近く導入される政策では、国際社会の気候目標の達成には不十分です。

交通需要が大幅に増加し続けているということは、最も楽観的なシナリオでさえも、2050年の交通部門からのCO2排出量は2015年の水準である7.5ギガトン前後にとどまることだと、ITF交通アウトルック2017は予測しています。

このシナリオではすでに、新技術と行動の変化が総移動距離との関連で予想されるCO2排出量の大幅な削減につながることを想定しています。このITF交通アウトルックのそれほど楽観的ではない基本シナリオでは、世界の交通需要が2倍に増加して、2015年から2050年の間に交通によるCO2排出量が60%高まるとしています。

ジョゼ・ヴィエガスITF事務局長は、本アウトルック発表会見で次のように述べました。「交通部門の脱炭素化を進めるためにイノベーションを加速させ、極端なくらいの政策を選択する必要がある。

新技術によって2050年までにCO2が約70%削減される可能性がある。残りは我々の行動を変えることで達成できるだろうが、これはまだ多くの可能性があるところだ。カーシェアリング、供給網の変革、そして新たな交通手段も含めて、もっと真剣に考える必要がある。」

交通部門からのCO2排出量を長期にわたって削減することが難しい主な要因は、世界の貿易パターンが変化していることにあります。貿易相手が鉄道や水運のインフラがない地域に移行しているため、道路交通輸送からの温室効果ガス排出量がほぼ2倍に膨れあがる見込みです。アジア域内路線の貨物輸送の伸びは、このような地域の新興諸国間の貿易がさらに増えることで特に増加し、2050年までに250%も高まります。トラック・シェアリング、路線の最適化、輸送能力を最大限利用するための配達条件の緩和といった措置を講じることで、この分野の排出量増加を抑えることができると考えられます。

都市部の移動は、もう一つの懸案事項です。都市部での自動車の利用は、急成長する新興諸国の交通需要を満たすために、2050年までに2倍に増えると予測されています。ITFの分析によると、もし、都市が今すぐに土地利用と交通に関する統合された政策を実施し、移動パターンを管理できる価格制度を導入し、公共交通での移動しやすさを確保する投資を行うならば、都市は2015年と同程度の自動車数を維持することができます。

「政策の構成を誤らなければ、急成長する都市部であっても、市民に現在と同程度の移動性をもっと持続可能な方法で提供できるはずである」と、ヤリ・カウピラITFモデリング・統計局長は述べています。

 

ITF交通アウトルック2017は、以下のサイトからダウンロードできます。 http://webexchanges.oecdcode.org/JgrXNsws/7417011e.pdf

 

2017年1月30日15:30~16:30(パリ時間。日本時間23:30~24:30)に、発表会見のライブ映像を以下のサイトで公開します。https://oecdtv.webtv-solution.com/3490/or/international_transport_forum_transport_outlook_2017_launch.html

会見中は、Twitterからご質問をお寄せください。 ハッシュタグ:@ITF_Forum

 

報道関係者のお問い合わせは、下記までお寄せください。    

Michael KLOTH

+33 (0)6 27 21 47 41  

michael.kloth@itf-oecd.org

 

 

ABOUT THE INTERNATIONAL TRANSPORT FORUM

Who we are

The International Transport Forum is an intergovernmental organisation with 57 member countries. It acts as a think tank for transport policy and organises the Annual Summit of transport ministers. ITF is the only global body that covers all transport modes. The ITF is administratively integrated with the OECD, yet politically autonomous.

What we do

ITF works for transport policies that improve peoples’ lives. Our mission is to foster a deeper understanding of the role of transport in economic growth, environmental sustainability and social inclusion and to raise the public profile of transport policy.

How we do it    

ITF organises global dialogue for better transport. We act as a platform for discussion and pre-negotiation of policy issues across all transport modes. We analyse trends, share knowledge and promote exchange among transport decision-makers and civil society. ITF’s Annual Summit is the world’s largest gathering of transport ministers and the leading global platform for dialogue on transport policy.

 

Learn more: www.itf-oecd.org

 

Related Documents

 

Countries list

  • Afghanistan
  • Albania
  • Algeria
  • Andorra
  • Angola
  • Anguilla
  • Antigua and Barbuda
  • Argentina
  • Armenia
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahamas
  • Bahrain
  • Guernsey
  • Jersey
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Benin
  • Bermuda
  • Bhutan
  • Venezuela
  • Bosnia and Herzegovina
  • Botswana
  • Brazil
  • British Virgin Islands
  • Brunei Darussalam
  • Bulgaria
  • Burkina Faso
  • Burundi
  • Cabo Verde
  • Cambodia
  • Cameroon
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Central African Republic
  • Chad
  • Chile
  • Chinese Taipei^Taipei
  • Colombia
  • Comoros
  • Cook Islands
  • Costa Rica
  • Côte d'Ivoire
  • Croatia
  • Cuba
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Democratic People's Republic of Korea
  • Democratic Republic of the Congo
  • Denmark
  • Djibouti
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Equatorial Guinea
  • Eritrea
  • Estonia
  • Ethiopia
  • European Union
  • Faroe Islands
  • Micronesia
  • Fiji
  • Finland
  • Former Yugoslav Republic of Macedonia
  • France
  • French Guiana
  • Gabon
  • Gambia
  • Georgia
  • Germany
  • Ghana
  • Gibraltar
  • Greece
  • Greenland
  • Grenada
  • Guatemala
  • Guinea
  • Guinea-Bissau
  • Guyana
  • Haiti
  • Honduras
  • Hong Kong (China)
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Iraq
  • Ireland
  • Iran
  • Isle of Man
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kiribati
  • Korea
  • Kuwait
  • Kyrgyzstan
  • Lao People's Democratic Republic
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liberia
  • Libya
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau (China)
  • Madagascar
  • Malawi
  • Malaysia
  • Maldives
  • Mali
  • Malta
  • Marshall Islands
  • Mauritania
  • Mauritius
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Mongolia
  • Montenegro
  • Montserrat
  • Morocco
  • Mozambique
  • Myanmar
  • Namibia
  • Nauru
  • Nepal
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Niger
  • Nigeria
  • Niue
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Palau
  • Palestinian Authority
  • Panama
  • Papua New Guinea
  • Paraguay
  • China (People’s Republic of)
  • Peru
  • Philippines
  • Bolivia
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Moldova
  • Congo
  • Romania
  • Russia
  • Rwanda
  • Saint Helena
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Vincent and the Grenadines
  • Samoa
  • San Marino
  • Sao Tome and Principe
  • Saudi Arabia
  • Senegal
  • Serbia
  • Serbia and Montenegro (pre-June 2006)
  • Seychelles
  • Sierra Leone
  • Singapore
  • Slovak Republic
  • Slovenia
  • Solomon Islands
  • Somalia
  • South Africa
  • South Sudan
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Sudan
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Syrian Arab Republic
  • Tajikistan
  • Thailand
  • Timor-Leste
  • Togo
  • Tokelau
  • Tonga
  • Trinidad and Tobago
  • Tunisia
  • Turkey
  • Turkmenistan
  • Turks and Caicos Islands
  • Tuvalu
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • Tanzania
  • United States
  • United States Virgin Islands
  • Uruguay
  • Uzbekistan
  • Vanuatu
  • Viet Nam
  • Wallis and Futuna
  • Western Sahara
  • Yemen
  • Zambia
  • Zimbabwe
  • Curaçao
  • Bonaire
  • Saba
  • Topics list