Asia and Pacific

日本、OECD開発センター再加盟の意思を表明

 

14/04/2016 - 本日、日本はOECD開発センターに再び加盟する意思を表明しました。日本は、かつて同センター設立当初の加盟国でした。OECD開発センターは、新興国や発展途上国の成長の促進、及び生活水準の向上のための政策を決定する手助けをしています。様々な開発段階にある国々の開発計画についてピア・ラーニングを実施し、共有できる政策を模索しつつ、相互理解を深める場を提供しています。


OECDやEU、そしてそれ以外からも開発センターに加盟国が出ていますが、日本の再加盟が正式に決定すれば51番目の国になります。現在アジアからは、中国、韓国、インド、インドネシア、タイ、そしてベトナムの6カ国が加盟しています。


OECD事務総長及び開発センター局長は日本の加盟意思を大いに歓迎し、日本国外務省と加盟決定に向けて引き続き努力していくつもりです。開発分野で日本に主導的な立場を期待するという観点から、今回の意思表明は特に重要であるとグリア事務総長は指摘しました。日本の再加盟は「貴重な情報共有の場を設けるだけでなく、アジアやそれ以外の国との関係及び協力を強める機会を与えるものである」と事務総長と言っています。


OECD開発センターについてはwww.oecd.org/devにてご覧になれます。


報道に関しての質問等はOECD開発センター報道担当のBochra Kriout (Bochra.Kriout@oecd.org; +336 26 74 04 03) へご連絡下さい。

 

Related Documents